痛い中二病の記録

読んで味噌。

東京には行かない

東京には行かない。東京は結局集まってきた情報弱者の田舎者からあぶく銭を吸い上げるシステムになっているからだ。ただ武蔵野市とか練馬区とかはなんか違う気がする。あいつらは魂を感じる。

でも基本的に東京のいいことって人との機会が多いってことだけど、それ以外は本当に疲れるし、くそだなあと思う。

2年住んだせいか、まあまあ東京幻想が消えてしまった。でも田舎はつまらない。田舎は住んでみると案外田舎じゃないということに気づいてくる。

人がいて、必要なものをビジネスで売り、田舎のかゆいところに手が届くビジネスが盛んでもある。

そして田舎ではなにもできないは幻想であったということに気づく。東京にいたらできないこともある。それは土地だ。土地がなければ物件も立てられない、野菜も育てられない、家賃収入も得られない。

東京は土地がない、それだけが嫌です。