中二病の記憶

yondemiso.

面接落ちた、やった!

面接落ちたのが嬉しい。案外そうなのだ。だって採用されたら断らないといけないもん。断らなかったら働かないといけないから、それはいやだなーって思う。

そもそもこれまでの人生でなんだかんだ中高大学とまあいちおうは卒業みないなものをしたんだから、残りの人生は好き勝手にさせて欲しい。どうしてもしたいこともあるし。でもどうしてもしたいことっていうのは結局どうしでも叶わないから結局叶わない願望で終わってしまうのかもしれない。なんだか虚しい。とはいえ、散々辛い子供時代を過ごして大人になって社会人となってまで嫌いなことや辛いことをさせられるなんてまっぴらごめんだ。ずっと我慢し続けて辛いことを耐えてきたんだから。

それになんだかんだ今の生活はそれなりに充実している。野球選手が3割打ってるのに、4割を目指して苦しい思いをして取り組むような今の日本社会の限界の空気は自分には息苦しい。頑張った先にあるものっていうのはなんだか虚しい。でも金は減るけどね。

f:id:norane:20180410235605j:plain