痛い中二病の記録

読んで味噌。

現実がつまらない

俺は気づいてしまった。現実を生きて、現実がつまらない。どうしてこうなった。全部自分が招いた出来事なのか!こんなにつまらないんだ、毎日が。つまらないのに果たして生きていると言えるのか?つまらないのに生きている価値はあるのだろうか?俺にはわからない。このクソみたいな現実を生きても、もう大学のような青春は帰ってこないと言うならば、いっそくたばってしまったほうがいいのかもしれない。でもそれができずにいるのは、たった少しの恐怖と不安と、まだ生きていたらあの青春が来るかもしれないと思っていたから。どうして年を取っていくのだろうか!このまま年を取り続けたとして、俺はこの世界で生きていけるのだろうか?ああ、現実がつまらないつまらない!