痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

赤羽埼玉論 〜アカバネーゼになりたい私の赤羽チックなひととき〜

今は北区の王子というところに住んでいる。住んでるアパートはオンボロアパートで家賃は2000円という値段だ。東京は物件が多いから探せばいくらでも安いのがあると思う。その代わり家の前に高速道路が走っていたりするから気をつけてほしい。そんなこんなで去年の11月から住みだしたこのぼろアパートも7月に出ることになった。住むのがしんどくなったのだ。

金もなくなってきたからとりあえず就職しようと思うんだけど、この面接というやつがなかなかくせ者で、かなりの演技力を要する。たかだが働くごときでこれほどの関門を用意する必要はあるのだろうか?就職先の近くに住むことになるだろうけど、変な田舎には飛ばされたくない。そうなったらすぐにやめるハメになるだろう。

まあ、今のところは次住むところは決まってない。ダメだったら実家に帰ってという感じになるだろう。できることなら赤羽の近くに住みたいものだ。赤羽は特に思い出があるというわけではないんだけど、バイト先がたまたまそこだったっていうだけだ。

 

この赤羽という土地は私の東京での生活に多少なりとも色を与えてくれた。バイトしかしてない自分にとって赤羽での仕事は唯一の社会活動だ。赤羽は正直言ってほぼ埼玉だ。だが地元民はかたくなに東京ということを主張する。この辺は横浜市民とか大阪府民に通づるところがあるだろう。なんだか妙なプライドがある。一方で妙な人情、つまりは優しさみたいのがあるのも事実だろう。仕事をすっぽかしたり、荒れていたりすると、「まあ人生つらいし、そういうこともあるよね」的な感じで受け流してくれていたりする気がしないでもない。酔っ払いの街というだけあって、たいして気を使わなくていいというのも楽でいい。「どうせみんなゴミなんだし、ゴミ同士で気を使いあったりする必要もないよねー」的なノリだ。駅前なんかはごちゃごちゃしてて、カオスだ。

そういう意味じゃなんだかここは東京にある大阪みたいな感じもしなくもない。

赤羽にはなにがあるの?と聞かれれば、迷わずに「人情、人の優しさがあるよ!」と答えてあげたいがやはり「イトーヨーカドー西友ぐらいしかないんじゃないかな…」と答えたくなるような独特のやる気のない街だ。

いつの間にか、この街に居心地の良さを感じてしまっている自分がいるのは否定できない。たまたま東京の北区に来ていて少しだけ良かったと思った。もうすぐ離れるからいろんなものがよく思えているのかもしれないけど。私にとっては東大阪に次ぐ故郷的な街になったことは言うまでもない。

f:id:norane:20170720192320p:plain