痛い中二病の記録

読んで味噌。

東京脱出〜東京に嫌気がさし横須賀に行った話〜

僕は閉塞状態にあった。お金もないし、仕事もないし、おもしろいこともない。さあ、これからどうしよう?という時に気分がずっと不調気味で死にそうになっていた。いい加減、東京の安アパートのクオリティーにはうんざりしていた。特に夏場は最悪だ。東京に住んでしばらく経つけど、もういい加減いいかなという気はしていた。人が多いという最大のメリットにして最大のデメリット。人がおおくてうんざりする。スーパーでは人はごちゃごちゃしてうっとおしいし、電車はこむし、これはめんどくさくて仕方なかった。

なんでもいいから東京を出る理由が欲しかった僕は、横須賀に行くという理由を見つけた。別に変な意図はない、ただそこでスタンプラリーが開催されていただけだ。ただ遠い。めんどくさい。そもそも行く理由がない。でも行くことにした。ああだこうだ7回ぐらい悩んだ末に行くことにした。

 

そうと決まれば東京脱出だ。そもそもこれが面倒くさい。東京の北のほうにいるから、神奈川方面はけっこー遠くなるのだ。埼玉にならすぐに出れるけど、その埼玉にもいい加減あきあきしてきた。たしかに「彩の国」というぐらいだから緑は豊かだけど、そろそろ海とか青いものが見たいのだ。そう僕は青いイメージのものが好きなのだ。東京は灰色、埼玉は緑、横浜は青のイメージがなくもない。

そんなことを今振り返りながらも、当時の自分はペダルをこぎ進めて東京を抜けで妖刀する。そもそも東京のゴミの山積みにされた光景を見て嫌気がするのだ。「そんなに文句を言うなら東京を出ていけよ!おまえ」と言われそうだが、「東京か大阪ぐらいしか行くところがないんだよ!馬鹿野郎!」と返させていただく。

そうこうしていうるうちに東京駅のあたりを過ぎて、田町、三田、品川という僕の大嫌いな3大汚い駅を通り過ぎた。

その時は来た。とうとう見えてきた。我らの希望、多摩川だ…。

「ああ、俺は神奈川に来たんだな…」

そう思ったのもつかの間、川崎という東京の親戚みたいな街が僕を待ち構えていた。あんまり東京との違いはわからなかった。でも原住民にとっては紛れもなく神奈川県川崎市なんだろうな、僕にとっては東京都川崎市としかおもえないけど。

神奈川は鶴見にきた。15号線をずっと南下してきている。鶴見と聞くと「大阪の鶴見やろ、ぼけ!」と大阪弁で言いたくなるのは僕だけだろうか。神奈川の鶴見にはパッとするようなものがなかった。大阪の鶴見はでっかいショッピンブモールがあるという関西、関東ライバル意識を持たずにはいられない。

あああ、ついた。横浜だ。私たちの聖地、横浜。人類の終着点、横浜。

f:id:norane:20170621073857j:plain

神奈川公園という公園の水道の水で顔を洗ってみた。きれいだった。これはまさしく聖水だ!という錯覚を感じた。

f:id:norane:20170621073918j:plain

横浜のサミットに行ってみた。とりのからあげみたいのは僕の近くのサミットでは取り扱ってはいなくてとても美味しかった。これはいい。

f:id:norane:20170621074007j:plain

サミットのイートインコーナーでだらだらする。隣に麻雀のゲームをしているおっさんがいた。そんなだらだらとした日常は私を癒した。そこからは車を使って横須賀を目指す。国道16号線という愛と憎しみの路線を使う。ひたすら車を進める。そして海軍の街が来た。横須賀だ。なんてことはない、横須賀というネームバリューにハードルを上げすぎたせいか、たいして感動しなかった。ただしヴェルニー公園とかいう公園は海もきれいに見えてよかった。そこから何を見迷ったか。逗子市に向かうことにした。どうやらここは別荘地として有名であるということは最近になって知ったのであった。逗子についた。とにかく山と緑が多くて癒された。緑色の木々が連なって揺れていれる様子を見て不覚にも涙が出てきそうになった。人生で怖いのはお金とか孤独とかそういうのではなくて、毎日毎日夕日が沈んでいくことだったり、木々が揺れていることだったり、時間がゆったり過ぎていくことだったり、下校中の学生の顔がつまらなそうだったり、そういうものだ。

そこから7時間かけて東京に帰ったでめたし、でめたし。

f:id:norane:20170621074053j:plain