痛い中二病の記録

読んで味噌。

憂の年。仕事嫌だなー

これからどうなっていくかまったくわからない。非正規でさんざんこき使われてイライラするし、疲れるしでもういい事なしだ。「塾の仕事なんて絶対に辞めてやる!」と思いつつも、いざ他の仕事にいい仕事があるかと聞かれると困ってしまう。自分と気質が会う子供ならほっといても合格していくし、まっすぐに育っていく。それはひとりの大人が信頼してくれているという安心感が子供に伝わる事が大きな要因になっている気もする。

塾の仕事はやっぱりだるいことが多い。合わない子供やただふざけたいだけの子供もたくさんいて、やっぱり体罰は必要なんだろうなあーと思わされる事も多々有る。

そんな仕事をとっとと辞めて他の仕事に就きたいけれど、この国には資格制度だったり、新卒一括採用だったり煩わしいルールがたくさんあって、まずその職業に就けないという現状がある。やってみて仕事を決めたいのに、なってみることがそもそもハードすぎるという大変イライラする状況だ。

あのまま証券会社にいたらどうなっていただろうか?と思う事はあまりないのだけれど、そんなこともふと思う。あーあ、仕事嫌だなー。