痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

「ドラえもん」のスタンプラリー自転車でやってきた

スタンプラリーの締め切りが今日だったから急いでやってきた。コンプリートするには横浜とか小田原に行かなければいけないから無理だと悟った。とりあえず6個スタンプ集めたらもらえるペンケースだけでもゲットしようと思った。

 

今日は曇り空でなんとなく肌寒い陽気だった。僕が回るコースはこうだ。

府中本町→新秋津→東所沢→北朝霞武蔵浦和→大宮

用事でもなければ絶対に行かないであろう場所だ。正直あんまりやる気はなかった。たかだがペンケースのためにどうしてこんなことをしなければいけないのか?それはこのスタンプラリーの情報を知ってしまって頭から離れない事が原因だった。いつまでも「あのスタンプラリーやってこなっきゃ」みたいな考えが気になって仕方ない。もうやりたくてやるというよりは忘れたいからやるという感じだ。

今日の朝9:30からスタンプが設置されるから朝の7時に自転車で出発した。ぶっちゃけ自転車がなかなか進まなかったしめんどくて仕方なかった。それでも最近の辛い状況を忘れるためのいい運動だと思って自転車を進める。

最初の目的地に着くまで2時間かかった。だから面倒なんだよ、だからやりたくないんだよ。そしてスタンプを押した。もはやなんの感動もなかった。そもそもどらえもんそこまで好きにわけじゃないし。

さっさと次の目的地に向かった。新秋津についた。近くのお店でおにぎりときなこだんごを買って、ちかくのバス停の椅子に座って食べた。それがこの旅の1番の思い出である。余ったきなこを下品に舐めて食べたのが恥ずかしかった。おにぎりはネギ味噌みたいな味があって美味しかった。

たんたんと次のスタンプを片付けていった。埼玉の秘境についた。辺り一面自然に囲まれていた。埼玉は彩の国らしい。でも残念ながら写真はない。写真撮るほどの余裕がなかったのだ。そして無事にやり遂げ、大宮でペンケースをもらって男は帰って行った。おちまい。

f:id:norane:20170402204644j:plain