読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

世間の無職とかヒモとかへの風当たりの強さは異常

非難の原因は。これひろゆきも言ってたけどほとんど「嫉妬」だと思う。自分は会社を辞める勇気も行動もないから、辞めるアクションを起こせる連中を「クソニートが死ね」って非難してストレスのはけ口にしてるんだと思う。案外会社を辞めた事が人間が日本は多いということをもっと自覚しないといけない。

確かに新卒のレールを外れることは怖いと思う。僕自身なんとか大企業に潜り込んでみたものの、この会社が自分自身の人生にとってなにひとつ大事でないことは入る前から気づいていた。でもなんとか自分を騙してやってきたんだけど、やっぱり無理だった。それにいざやめてみてなんの将来の展望も見えないことに気づいた。ただただ不安だけだった。ぶっちゃけ今だってどうしていいかなんてなにも検討がついてない。東京にいつまでいられるかもわからない、でも田舎に帰ってところで仕事なんてもっとない。

会社をやめてわかることは「会社を辞めても人生は続く」ということぐらいだろうか。辞めた直後というのは本人もダメージが大きくて大変だと思う。でも案外会社なんてやめたところでなんてことないという実感を得られる。そしてもうレールには戻れなくなる。日本の企業というのは新卒一括採用で定年までの終身雇用が根強くはびこっているのだ。せいぜい資格をとって再就職か、勉強して公務員になるかの2択ぐらいしか選択肢はない。

でもだからといって働いている人間が働いていない人間を無条件に非難する理由なんとどこにもない。そもそも働いているのなんて偉くもなんともない。だから働けていない人間は普通以下という図式は成り立たない。ようは、おまえも俺と同じように嫌なことをしろよーというだけだ。

働いていて働いてない人がむかつく人は若いうちに間違えておいたほうがいい。そもそも人生は長すぎる。多分なんだかんだ体がぶさいくになってからのほうが人生は長い。その時にちゅうぶらりんになった自尊心を抱えていても苦しくなるだけだ。とか言いつつも私はなんとか社会復帰を目指している。でもこれを言うと、社会なんてくそなんだから社会復帰する必要なんてないみたいな考えが頭をがんじがらめにする。でも社会参加以外に人との関わりが作りにくいことは嫌という程学んだ。今はその程度の理由で社会復帰しようと考えています。

f:id:norane:20170222203214j:plain