痛い中二病の記録

読んで味噌。

記憶

薄らぼやんだ霞の中にぼんやりとした記憶がある。いつのまにか忘れていたというよりは便利に改ざんさせられていた。人間の嫌な記憶は忘れるという習性はどうしようもなく忘れられないものなのでしょう。