痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

東京アリオ、埼玉アリオの比較

今日、埼玉の川口(ほぼ東京都の境目)に来ていろいろ頭をよぎった。

僕は田舎出身だからよくジャスコイオンモール)によく行っていた。その名残なのか大阪にいたころはよくアリオモールに行っていた。

 

東京でもそれは続いている。そのことについて少し書きたい。

今近くのアリオモール(以下アリオ)は

アリオ西新井(東京都足立)TOHO 

アリオ亀有(東京都葛飾)MOVIX

アリオ川口(埼玉県川口)MOVIX

の3つだ。

 ちなみに昔通っていたアリオは

アリオ八尾(大阪府八尾)MOVIX

だ。

右の英語は各アリオの映画館の種類だ。ちなみに僕はMOVIX派だ。

 

東京のアリオ2つはやっぱり人が多いなと感じる。つねに大気中に熱を帯びている感じがする。つまり二酸化炭素が半端ないのだ。

アリオ川口に来てまず驚いたのは人口密度の少なさ(この言い方あってんの?)だ。面積あたりの人口が東京に比べて圧倒的に少ない。大気中の熱もそれほど感じない。いわゆる地方都市のショッピングモールの機能に近いと思う。

やっぱり田舎出身の僕としてはDNAに田舎が刻まれているらしく人が少ない方が快適に感じるらしい。だからアリオでの快適さは東京のよりも埼玉の方が快適と言える。

まあ、でも埼玉のアリオも面倒くさいと思うところもあって、

人が少ない=他人の言動が目につきやすく、関係性が密になる

という部分は否めない。やっぱり他人の視線を意識せざるをえないし、他人の会話がうるさいし、なにか注意を受けることもあった。

そしてこれは大きな問題なんだけど、やっぱりヤンキーの存在は確認できた。どうして田舎にはヤンキーがいるんだろう。東京では人が多くて気にならないけど、埼玉ではいわゆる地元で調子こいてるエグザイル系のマイルドヤンキーを無視することはできない。彼らはなにも迷惑なことはしていないと主張するだろう。だが違うのだ。ヤンキーと認識されること自体がこっちとしては死ぬほど迷惑なんだ。不快指数が格段に跳ね上がる。ヤンキーを見ただけで殴りつけたくなる、怖いけど。

 

とにかく、埼玉のアリオはそういう面倒くさい部分さえ無視できれば無職にとってはすごしやすい場所になりそうだ。

でもやっぱり東京はいいと思う。東京が関東の中心であってくれるから、東京が嫌になった時に隣に逃げることができるからだ。これがどこぞの田舎だったらそうはいかない。山、山、山、山アンド山。山に囲まれてて出口なんてないんだ。あの閉塞感と息苦しさはなんなんだろう。

人間はどこにいても同じだろうなーと思って実家の田舎にいたけど、やっぱり大阪とか東京といった都市部の人の多さは魅力的だと思う。そこにいれば面白い人や気の合う人に出会える確率が格段に上がるからだ。田舎では決まりきった狭い人間関係で生きなければいけない。それはとても息苦しい。

自分以外全員埼玉県民という場所は大袈裟に言えば異国のようでとても面白い。いろんな県の人と話すのはとても面白い。なんか言葉が違うのかと思ってたけど、もともとそんなに関西弁でもなかったから対して困らなかった。

東京のアリオは過ごしにくいけど、なにか悪いことをしても東京の人が悪いで済んでしまう空気感はとても気楽に感じられた。実家とかで就職考えたり、帰ろうかなって思ってたけどやっぱ都市部は居心地いいわ。それは自分で自転車で開拓していったからで、自分の快適な場所は自分で探すしかないんだなとつくづく思う今日この頃。