痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

教員にクズが多い理由

大学在学中から塾講師をしていた。ながくこの腐った業界をじっと見てきた。もちろん学校と塾は違う。その中でも教師になるために塾講師をしているという輩を深遠からじっと覗いてきた。塾講師をするということは教師を理解するということ。そんな私が「なぜ教師にクズが多いのか」ということを伝えていきたい。

 

①人にものを教えようなんて精神性の奴にろくな奴はいない

あたりまえだろう。人に上から目線でものを教えようなんて精神の構造をしている連中がまともなわけないだろ。人を完全に見下している上から目線で学生のことや世の中を見ている。そんなやつらなのだ。

 

②公務員だから

教員=公務員=安定という方程式が成り立つのだ。しょせん彼らは公務員なのだ。先生という職業柄、世間受けはいいし、とりあえずなっとくか的な奴が9割だろう。教育についてなんて考えたことなんてないだろう。単に安定しているからなるのだ。

 

③教育をしたいとは思ってないから

そもそも人にものを教えたいなんて思ってないだろう。こいつらは人を見下したいだけなんだ。生徒のことなんかなーんにも考えていないのだ。こいつらはなんにも考えてなんかいないんだ。こいつらの人生はこれといって楽しいことも辛いことも苦しいことも生きていて良かったということもなかった人生なんだ。そんなことはないと言っている教育関係者の君、それは勘違いだ。あなたの人生にはそんな障壁はなかった。そうでしょ?

 

④生徒の方も教員が教員をしたいと思っているという勘違い

9割の教員は生徒のことなんてどうも思っていないし、教育なんて別にどうでもいい。なのに生徒の方は教員は教育をしたくてやっていると思っている。親がバカなら子供もバカときた。生徒が教員に対して教育を求めることこそがお門違いなのだ。そこにいるのは教員ではなくて公務員なのだ。君たち生徒が大嫌いなサラリーマン教師なのだ。

 

⑤教員になるぐらいだから学校でそこまで嫌な思いをしていない

教師が嫌いだったり、学校が嫌いだったりという経験がないのだ。だからわざわざ教員になるのだ。学校を卒業して学校に就職するのだ。会社に勤めたこともない経験値ゼロの学生くずれが学校に跋扈しているのだ。

 

だああああああああああああああああがああああああああああ、そんなことはどうでもよいのだああ!!!。

悪とは敗者のことなのだ、勝ったものが正義なのだああああああああああああああ。

公務員最高いえええええええい。教員最高いえええええええい。

f:id:norane:20161211213645p:plain