痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

東京孤独物語

大学出てから、東京へ来た。文字を打っているノートパソコンのキーボードは生冷たい。無機質な、なまぬるい冷たさを感じる。そんなことを考えながらこの文章を書いている。

なんとか仕事をして「働く」という状態に持っていかないと心が腐っていくらしい。現にそうなりかけてるし、今住んでいる賃貸なんてひどいもんだ。別に「企業に就職」しなくてもいいけれど、自分で仕事をつくるのは難しい。ようは他人からお金をもらえる状態にできるか、自分で自分の分の米を作れるかのどちらかの状態を作れればいい。でももうそんなことを考えるのもするのも面倒くさい。てかもう生きるのが面倒くさい。ふらーっと車にでもはねられて…

なんというか人間関係で悩む…僕は見ず知らずの他人と友達、仲間、協力関係という状態になるためにはその人と何度か喧嘩をしないと友達になれないという原始人並の対人能力しか持っていない。本当に気の合う人とかは、僕が変なことをしたら向こうから寄ってきてくれる。本当は喧嘩なんか必要ないのかもしれない。今の世の中見ていると、上辺だけの当たり障りのない会話や、面白くもないのに笑わないといけない冗談がコミュニケーションと言われている気がする。

本当に狂ったなと思うのは、他人と一緒にいるのにスマートフォンを触ることだ。暇があればスマートフォンを触っているあの状態。せっかく他人と喋る機会があるのになんてもったいないんだ!まあ、しゃべらないといけないというプレッシャーが強くなるからスマホいじりは楽でいいという意見もわかる。わかる一方でそおいう人とは一生心よるせるような関係にはなれないであろうことだけはうっすら感じていた。

僕は人といるときはスマートフォンなんてさわらないし、触る人の気持ちもよくわからない。まあ、スマホで時間潰しているだけっていう単純な気持ちでそこまで深い考えはないだろう。

人と人が仲良くなるのは本当に難しいと思う。僕の人生振り返っても一生忘れないだろうなっていう人は2人だけだ。2人もいれば十分なんだろうな。

大学出てからの知り合い、友人、恋人作りの攻略法はまったくわからない。世の中の人がどこでなにをしているかまったくわからないからだ。7割ぐらいは電車や車に乗って会社に吸い込まれていく。2割ぐらいは家に引きこもっている。1割ぐらいはハローワークに吸い込まれていくといった感じか?

ああ、でも本当孤独っていうのはダメだと思う。悪い方悪い方に考えが向いていってしまう。だからといって会社に入ると世知辛い世の中を味合う羽目に合う。どんずまりの硬直状態。この迷路から抜け出れんのかなあー?

f:id:norane:20161211192150j:plain