読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛い中二病の記憶

俺は最も勢いのある大物ブロガーだ! I'm japanese big bloger! 読んで味噌。

地元意識が死ぬほど嫌いだ

地元ほど嫌なものはないと思う。なんでただ生まれただけでその地域が特別のような感情を持っていないといけないのだろう。18年間小中高と閉鎖的な学校生活とひどい家庭環境の二重生活。こんなものが良いもののわけがなくて、地元で過ごした時間は自分にとっては本当に無駄だった。当時の不満が今の自分を作ったとも思っていなくて、なかったならなくてよかった時間だ。
地元が好きっていう人というのは学校が楽しかったという人たちが大半だろうから、親に否定され続けて生きてきた自分とは全く人種が違う。
それでも唯一地元が良かったと思えるのは地元が田舎だったということだ。それは大学で県外に出て下宿生活をできたところだ。もはやその時間だけで今までの18年間を許せてしまうほど大学の下宿生活は楽しい。これは都会に生まれてしまった人達には絶対に味わえない感覚だろう。
生まれが悪かった。ただそれだけでいろんなことが不利になる。持たざる者だ。全てを奪い取らなければなにもない生活が続く。
簡単そうだけど、県外に飛び出すってのはかなりハードルが高い。地元になんにも良い思い出がないっいう嫌われ者の痛い奴、つまり失う者がない奴が県外に出ていく。
そういう人の集まりが東京だと思う。だから田舎者の粘り強さったらすごい。田舎者が嫌われるのもわかる。だって田舎者なんだもん。ただ東京に生まれたというだけで我が町顔をされるのもよくない。それはただ生まれたというだけだ。あなたの実力でもなんでもない。ただ単にあなたの両親が東京にいただけだ。
あーだこーだ言ってるけど、ようは東京ブラボーってことだ。ここまで地元意識の少ない街は東京だけだろう。楽だわ。東京様様ですわ。ビバ東京。