痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

なんとなくの現実逃避

いつまでもやる気のない毎日が続いている。もうこのまま死んじゃってもいいやって気分が続く。それは嘘だ。死のうとは考えてない。でもこのままダラダラ年をとったらマズイよなーとは思う。それだけが怖い。時間の無情な流れだけが恐ろしいわ。顔も老けてきて、体もだらしなくなってきて、どう生きていったらいいかわからないのかわからない。せめて良いおっさんになろうと頑張るのも悪くねえかと、そっち方面に頑張ることになるだろう。こんなことばーか考えてる。たまに他人様と話すとすげー客観的に自分を見れる。これがいわゆる他人を通して自分を見るということだろう。なんななくの現実逃避でした。