読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

働いていないのは偉くないけど、働いてるのか別に偉いわけでもない

働いていないのは偉くない。ここは間違えてはいけないところだと思う。そこは超えてはいけない一線が存在している。だが悲しいかな別に働いているのが別段偉いわけでもない。働いてる人間が働かない人間を見下したり、「働けよ!くそニートがよ!」って怒鳴りつける権利なんて実はない。働いている人間にできることは今の仕事を続けるか、働くのをやめるかのどちらがだ。他人様にものを言える立場にはない。同じように働いてない人にできるのは金がなくなるまで働かないことか働くことだ。両者の違いは金の自由というところにある。金は幸せをくれるかわからないけど、自由をくれる。だから金は自由なんだ。
「そんなくだらない理屈を言っていないで働けよ!現実は捨てたもんじゃないぜ?」自信過剰に言っているあなた、あなたがそんなことを言ってられるのもただ単にまぐれが続いたからじゃないですか?あの時のあのことがなければ、たまたまあなたは運が良かっただけなんじゃないですか?世の中は理不尽に救われ、理不尽に裁かれる。ままならぬものよ。