痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

恵まれない家庭環境にいて

俺は恵まれない家庭環境にいて、家になんか居場所がなくて辛い思いばかりしてきた。周りを見渡してもどいつもこいつも恵まれた家庭環境にいて家族が大事で家族に大事にされて家に居場所がある奴ばかり。そんな連中が少し価値観が違うやつをつまはじきにする。高卒で就職できなくても家にいれて、大学を中退しても実家の家業を継げて、夏休みや春休みは帰省して家族で正月を迎えて、結婚に前向きで、他人のことを虐げたことなんてこれっぽちも覚えていないってふうで大人になっていく。

 

今まで生き別れてきた人と自分の違いはそこだった。家庭環境の差だった。つくづく家庭環境がよくない人は辛い思いをすると思う。どうしようもなく辛い。誰もわかってくれない。家族を大事にする連中は誰もわかってくれない。

 

18歳で大学に行くまでよくこんな残酷な仕打ちに耐えていたと思う。こんなにも辛いのか…悲しすぎて仕方がない。どんなに親に伝えようとしたところでアホな親は聞いてくれたりしない、ずっと否定ばかりを繰り返して自己肯定感を奪っていく。その結果自信はなくなり、うつむいて声の小さい人間になる。どうやったら元気でいられるだろうか?自分の周りに姉や兄がいて、少しコンプレックスを抱いている妹や弟が集まってくるのは多分同じ匂いをかぎ分けてくるんだと思う。自信がない人、コンプレックスの強い人、いじめられていじられようとしてる人、家庭環境が悪くて家に居場所がない人。そういう人が寄ってくるんだろうな。