痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

自分自分不安自分自分不安自分自分不安自分自分不安自分自分不安

これからの俺の人生は一体どうなっていくのだろうか。他の人は腰を落ちつてけてじっくりやっていくよっていうけれど、この無職状態の不安定な状態の苦しさがわからないんだ!どうすればいいっていう思考と簡単な妥協案とがないまぜになってしまって、いっこうに考えがまとまらない。どうやったって正解なんか見えそうにないからだ。何をしたいかもわからなくている。昔はあったのかもしれないけど、今はわからない。迷路に迷い込んでしまった。もうとっくに迷路に迷い込んでいた。なにがなんだかわからない。世間体をふりきってでもこれでいいんだという正解を導き出せそうにない…

なにをしたいかより、なにをすべきかを優先させたらそれは機会、現象だ。わからなくなる、自分が、自分の大切なことが。うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっていうよりあああああああああああああああああああああああああああああああああって感じだ。周りに置いていかれる。どうしようもなく差がつく。なにをやっているんだ俺は。不安がよぎる。でもこの不安な道を自分で選んでしまった、残念ながらこれしかできなかった。こうなるとは知らなかった、こうなるとわかっていてとしたら選んだだろうか、いやそんなことを考えても仕方ない。もうこの先の俺の人生にはいいことなんかないんだろうか…だとしたら一体なにをモチベーションにして生きていけばいいんだろうか?