読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛い中二病の記憶

俺は最も勢いのある大物ブロガーだ! I'm japanese big bloger! 読んで味噌。

中二病東京での1日をやりすごす

なんだかんだで1日やりすごした。朝の7時30に新宿に到着した。正直いつもいつも東京へ来る時はどうして都会に到着させられるのかと疑問に感じてしまう。都会すぎると疲れる。ということですぐさまどや街へ避難。ここ東京にもどや街はあったのだ。嬉しいじゃないの。どこのドヤがいいのかわからないけどさっさと泊まる場所を決めたい。大阪のドヤと違って東京のドヤはチェックインの時間が遅い。これは困った。だいたい昼過ぎからのチェックインだ、でもこれは東京のドヤが悪いってわけではなくて大阪のドドヤのサービスが良すぎるんだと思う。

なんだかんだ宿泊先を決めて荷物を預かってもらう。そもそもの目的は教会に行くことだ。でもそんなことを考える余裕がないほどに疲れ切っていた。それほどの野ざらし状態は辛い。プライベートがないっていうのはしんどいのだ。なんか目の前にスカイツリーがあるのにちょっと感動したけど、数分後にはなんか日常になってしまった。そんなもんなんだな。大阪のスカイビルのほうがマイナーで面白い。南千住はいいとこだ。格差社会を感じる町だ。どや街に馴染みつつある自分に危機感を感じながら日々の求職に励む。

 

雨は上がり自殺願望は消えていた。これからどうするかはまったくわからないけど。