読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛い中二病の記憶

俺は最も勢いのある大物ブロガーだ! I'm japanese big bloger! 読んで味噌。

無職の安心感は異常

あんまりいいたくないけど「職業は?」って聞かれた時に「無職です」って言うと、たいてい相手にコケにされたような印象を受ける。「今は無職です」って言っても、相手にコケにされたような印象を受ける。「無職」って単語の言いにくさは異常だと思う。とりあえずなんでもいいから働いていないといけないんだなと痛感する。この国は肩書きがものをいう。

外資とかの面接では「ぎゃはははは、この人慶応なんだって(笑)」みたいな感じで履歴書をシュレダーにかけるみたいな話を聞いたことがある。嘘か本当かは知らないけれど。それが正しい考えだと思う。自分のことを「出た学校」や「持ってる資格」でしか語れない人ってすごくつまらないと思うから。それこそ「なにが嫌いかよりなにが好きかで自分を語れよ」だ。

でも一番言いたいのは無職の肩身の狭さは異常。

これからは「家事手伝い」って言おうかな…