痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

死ぬ奴と死なない奴の違い

自殺する人としない人の違いについて。生涯を通して自殺しない人はきまって「なんで就職活動失敗したぐらいで自殺するのかわからない」、「受験失敗したぐらいでなんで死ぬのかわからない」って言う。こういう人種がずうずうしく生きていく、その結果どんどん自殺未遂経験者には生きにくい世の中になっていく。ちかごろ嫌な奴が増えたとしたらそういうことだ。生きにくいなあって考えている人を探すのが本当に難しい。その代わりに阿呆から阿呆の子供が生まれてくる、その結果どんどん阿呆が増える。阿呆の家庭環境で生まれ育った子供が賢くなる確率は低い。生きにくくなってくる。自殺す人としない人の違いは「鈍感」だと思う。自殺しない人は生まれながらに死なない、自殺しないという強さを持っている。彼らは絶対に自分の命を絶つことなんて考えたりしない。逆に自殺で死んでしまう人は生まれながらに子供ながらに死を見つめてなんども自殺未遂を試みる、すぐに死んでしまうという強さを持っている。彼らの強さは間違いなく「どうせ一回死んだ身だ」という捨て身の行為だろう。死を意識して初めて人は自分の人生を生きれるのだろう。