痛い中二病の記録

読んで味噌。

おだやかん人生なんてあるわけがない

将来どうしたいって考えたところで本当に人生はどうなるかわからない。いろいろ考えたところでぐちゃぐちゃと頭がかき混ざる。仕事で時間を奪われたせいか、今までしていたことのほとんどが楽しく感じられなくなってしまっている。それでも1人の時間は最高だった。仕事に自分の人生を支配されている気がする。

考え方っていのは一本の真となる核となるシンプルなものでないといけないらしい。そうでないとどんどんどんどん抜けていくのが理解出来る。

自分の幸せ→半額弁当、1人飯、夜中のスーパー、百貨店、頑張らなくて良い空間(ダメな人がいる空間)、すごい人とか頑張る人じゃなくて少数派の少ない優しい人、あんまり綺麗じゃない部屋、

自分の不幸せ→一人きり、辛いこと、こうでないといけないという思い込み、つまらない人というか世間話とか世間体を気にしている普通の人(明光義塾の人とか)、景色になってる人、怒る人、人ができるって期待しない人、男社会、男友達、普段寝ていないところで寝る、朝日(夕日と初日は良い)、

最近不安じゃないのはなんにも考えてないからじゃない?考えてないからそのことについては楽観的にいられる、考えると不安でしかないし、そんなに行動できるわけでもない

結論 1人じゃなんにもできない