痛い中二病の記憶

24歳フリーター職歴証券会社。読んで味噌。

金星に行った男

現実は本当ではないかもしれないという感覚になっている。リアルで寝ている時間こそがリアルのリアルでリアルで起きている時こそリアルではない。特にこの感覚はプラスの感情になっている時になりうる。全くなんの偏見もない無菌に近い子供はこの感覚に陥りやすい。近い未来に機械に支配されるかもしれないというが、もうすでに支配されているのだ。人間の行動は個性はプログラミングされているのだ。創造主がいるのだ。この宇宙には。ただ手のひらで踊らされているのだ。だが、創造主は退屈なのだ。つまらないか面白いかだけなのだ。そして未来はどうなると不安がるが、未来は今と同時に存在しているのだ。