読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛い中二病の記憶

俺は最も勢いのある大物ブロガーだ! I'm japanese big bloger! 読んで味噌。

家庭教師の案件

だいたい僕は中学生の英数国を担当していたんだけど、大学理系で会社金融だったから守備範囲は広い。資格とか免許の勉強で困っていることがあったらコメント欄に書いてください(非公表の場合は非公表と書いておいてくださいね)。 都内であれば交通費なしで…

「家族が全員死んだ」とか「愛情に飢えているとか」、そんな小綺麗な悩みではなくてリアルで矮小なダサい悩み

全てが嘘くさい。僕の人生は大学で留年して笑いの道に入って完全に変わってしまった。生まれてから大学へ行くまで「学校の価値観」で生きていた。多分、「体育会系の価値観」、「スポーツマンシップ」とも言い換えられるだろう。 大嫌いな塾の話。塾で相手に…

ローリングガールズ(航空公園)

所沢航空記念公園(通称航空公園)についでに行ってきた。これでここに来るのは2度目になる。気づけば年が明けて2017年。 航空公園の魅力はなんと言っても中央にそびえ立つ放送塔のかっこよさと正面のバッテリーカー(100円で動く車)だろう。 ロー…

「国分寺 真姿の池湧水群」に来た

国分寺に来たのはこれで2度目だ。一度目とは印象が違う。でもやっぱ綺麗なところだわ。 んで今日の目的の真姿の池湧水群。この池に体の不調な所をつけると治癒するらしい。とにかく顔が病んでるから顔わ洗いたい。 周りはとにかく静かで人も少ない。まあ、そ…

たまに来るような非日常より、つまらないなとか面倒くさいとか思って見逃してしまう日常が大事

正月って非日常だ。旅に出るのもそういう理由だと思う。 ただ人間は、自分の大事だと思う日常を守りたいだけなんだなって思う。 非日常かなんか知らないけど、毎日毎日繰り返す変化のない日々が振り返って見たら記憶に残るか、なにも思い出せないかの違いは…

初日の出を見た

初日の出を見た。 記念品もらった。 辛かった。 帰りは歩いた。 おまけ。

初日の出死ね

初日の出が6時48分らしい。ずーっと待ってるからもうだるい。 おまけに後ろにいた阿保女がずーっと阿保な会話してうっとおしい。 しかも割り込んで割り込んで前にいきやがる。本当、最低だ。 我先に我先にと太陽を摂る様は怒りを通り越して笑えたよ。 こんな…

赤羽こそ東京

赤羽の飯のうまさよ!赤羽は酔っ払いも多いけど、楽しくていい町だ。ぶっちゃけ赤羽以外の東京の魅力がよーわからん。

王子の狐祭り行ったけど…

人多いし、浮かれた感じが多くてすぐ帰ってきた。2度と行きたくない。甘酒だけ買ったんだけど、甘酒苦手かも。

初日の出待ちにて

東京タワーの初日の出を待っている。 AM2:00に整理券を配布されて、そこからAM5:00まで約3時間待ち。 ぶっちゃけ整理券をもらうためにAM1:00ぐらいから並んでる時なんて寒さで死ぬかと思ってた。とにかく3時間待ちだ。結論から マック⇨モスバーガー⇨ルノワー…

終わり日の出

2016年最後の夕日を埼玉の新荒川大橋の河川敷で見た。毎日毎日、こんな風に世界がオレンジ色に染まる瞬間があることに感動している。でも普段生きていたら、そんな時間なんて見過ごしてしまう。 金と人間によって作られたイベントにはない自然のすごさに感動…

頭と育ちの悪そうな三十路の女が横で愚痴ってウザかった

年上がいいのかも。私年気にしない。年上だからってそんな特別な体験ってないですよね。羽生君みたいな子もいるし。趣味貯金みたいな人嫌ですよね。 年齢は気にならない。詰めると金持ちがいいなみたいな。 お金って大事だよね、安定を手に入れるか。自分の…

年末Uターンしない組の年越し

帰れない者たちにとっては、今いるその場所こそが故郷みたいなもんだ。どれだけその場所に思い出がなかろうが、嫌いだろうが、そこしかいる場所がないんだから。 体感的には人が少し減ったかなーなんて思うけど、あんま変わってないようにも感じる。こいいう…

「ローリングガールズ」の所沢と東村山と旅

年末は実家に帰らないからいつも何かをする。それが所沢に行くことだったというだけだ。「ローリングガールズ」っていうアニメがあるんだけど、そのアニメの舞台になったところだ。 僕はあのアニメの「旅」というテーマが大好きだった。それは大学生になって…

みんな死ねみんな死ね

そうかみんながいるから嫌なんだ。 そうかそうか。 思い出した。 みんなみんな生きているんだ、友達なんだ。だから嫌なんだ。 みんながこの世からいなくなったら、僕はひとりきりだ。 違う。そもそもみんないなくならなら、僕で全員だ。 だからひとりでみん…

そして人類はみな終点の所沢にたどり着く

年末になってきた。つい最近また塾で授業をさせてもらっている。それが終わったら僕達、私達の聖地所沢に向かいたいと思う。 最後の聖戦を戦い抜いて所沢に行こう。これで僕達の戦いは終わりだ。 人類はなぜ所沢を求めるのかおわかりだろうか? いや、よそう…

たけしの超常現象xファイル2016見た

今年は野人の話! 韮澤さんと大槻教授のバトルがあんまり激しくなかったのが残念だが、面白かった。 肯定派きっての理論は敏太郎氏の理論が冴え渡る年だった。逆に言うと「宇宙人なんかいるか!馬鹿野郎」という罵り合いが少なくて残念だった。けっこー映像…

どうやって生きていく?

何を仕事にして生きていけばいいんだろうか?なにをしても辛いと感じてしまう。もうめんどくさくてしかない。 どう生きてもどう生きてもめんどくさい。ただ頭の中ではどう生きればいいのかというどうでもよくない問題がのたうちまわる。 年末モード満載で世…

たけしの超常現象xファイル2016録画できてなかった

最悪。もうなんのために生きているかわからない。僕は最低だ。最悪だ。 マジで最悪だ。コンセントのせいだ。

横浜へ行った(横浜駅SFのスタンプラリー)、そしたら教会へも行った

東京は北区。目的地は横浜。距離はせいぜい40kmぐらい。ママチャリで向かうことに。なぜなら「タダで行けるから」。 最近弱虫ペダルの小野田坂道の「タダでアキバに行けるから」というセリフがみょうに腑に落ちている。そういうことだろう、ママチャリで…

埼玉に行った(浦和・大宮・川越)

もうなんか社会には入っていけないだろうなーという寂しい気持ちと入りたくないという気持ちがない交ぜになっている。とにかく全てが煩わしかったから旅に出たかった。自分の足でどこまでいけるか試したかった。でもあんまりにも遠くに行くと宿泊代で金がか…

サラリーマンという地獄〜久しぶりに高校の友人と会う〜

本当にたまたま高校の友人と会った。地元で面接があったから帰っていたんだけど、結局面接は嫌気がしていかなかった。実家にあるwiiと服を持って東京に帰ることにした。 地元の主要駅を出発して財布を駅に置き忘れてしまって引き換えることに… 再度、電車に…

実家に帰省

地元で面接があるんで、夜行バスとかJRとか乗り継いだ。夜行バスは池袋から名古屋までの6時間ぐらいだ。4列だったから狭くてだるかった。名古屋からの電車の景色は東京にはない美しい景色に思えた。あ、ここで暮らせばいいじゃんって思ったけど、やっぱ無理…

壁にぶつかる

壁っていうのは乗り越えられないとかの壁じゃなくて、物理的な壁の方だ。今日なんかはずーっとぼーっとしてるから前がよく見えてなかった。自動ドアがあったんだけど、全然動かないドアで、少し開いている状態で静止していた。 前から人が来てたのはわかって…

働かずに生きていくことができるとしたらそれはとても幸せなことだ

そう言うと、世の熟練されたリーマンの方々は「またまた、若い時ってそういうもんだよねー」って感じに物知り顔でとうとうと説教をたれる。確かにそうなのかもしれない。若い頃の悩みとか困難って年をとっていって考えなくなること、ごまかすことで克服され…

東京アリオ、埼玉アリオの比較

今日、埼玉の川口(ほぼ東京都の境目)に来ていろいろ頭をよぎった。 僕は田舎出身だからよくジャスコ(イオンモール)によく行っていた。その名残なのか大阪にいたころはよくアリオモールに行っていた。 東京でもそれは続いている。そのことについて少し書…

東京脱出 川口に来た

この記事も川口で書いてる。今日も鬱ぽかったから、自転車でどこかへでかけようと思った。でも実際でかけるのは億劫だし、なかなかアクションを起こせずにいた。そんなこんなで夕方の17:00ぐらいに西新井を出て川口に向かった。 人がみるみる少なくなっ…

僕にはわからない

なにをどうしていいかわからない。今24で、20代って言うと、ハロワの人はまだ若いんだからって言うけどさ… 時間なんてすぐすぎるわけでさ…とにかくわからなかった。なにをしていいか。とりあえず教育系の仕事に就こうかと考える。でも教育系の仕事の人間を尊…

「東京×熊本スタンプラリー 乗るばい!飛ぶばい!楽しむばい!」参加しまう

そんなに難易度は高くない。東京だけならば。熊本方面のスタンプを押そうもんならもう地獄だろう。僕は自転車で東京から熊本まで行けるほど我慢強くもなんともない。ということで東京ステージのスタンプ4つを集めに行く。レッツラゴートゥーヘール! 護国寺…

「Disney CRYSTAL MAGICスタンプラリー」ママチャリで行ってきたけん

僕は無職だった。塾のバイトはしてるけど無職だ。したくないスーパーのバイトも採用が決まったけどしたくない。 なんだがひとりで無職やってるとやっぱりもんもんとしてくる。そんな時に便利なのがスタンプラリーなのだ。社会人になるとスタンプラリーなんて…

王子のスタンプラリーの景品

街中クエストだったかなんだったか忘れたけど、スタンプラリー形式で6個集めたらもらえるやつ。当時は無我夢中でブログを書く余裕がなかった。今では当時の熱がないのでたいしたことが書けない。 とりあえずこれな。

教員にクズが多い理由

大学在学中から塾講師をしていた。ながくこの腐った業界をじっと見てきた。もちろん学校と塾は違う。その中でも教師になるために塾講師をしているという輩を深遠からじっと覗いてきた。塾講師をするということは教師を理解するということ。そんな私が「なぜ…

東京孤独物語

大学出てから、東京へ来た。文字を打っているノートパソコンのキーボードは生冷たい。無機質な、なまぬるい冷たさを感じる。そんなことを考えながらこの文章を書いている。 なんとか仕事をして「働く」という状態に持っていかないと心が腐っていくらしい。現…

毎日毎日働く。これが人生の宿命なのかな

本能的におかしいと思うから「働くの嫌だ!」とか思って面接を頑張らないんだよね。 なんかやっぱ世の中って狂っちゃてんだよね。なんかじわじわと世の中が正常で自分が異常のように感じてしまうけど、違うんだよね。世の中も人間もそもそも異常なんだよね。…

平日の昼間からぶらぶら

会社辞めてからホントしばらく経つ。3年は我慢して働きなさいみたいなルールは守れなかった。会社側も契約の配属地のルールを守ってくれなかった。あんな治安が悪いだけのヤンキータウンには絶対いたくない。 今は汚い日の当たらないオンボロアパートだけど…

仲間と無職と有職と

無職が増えてきてる。まあ別に働きたいわけではない。でも無職でもいいじゃんみたいに、今が楽しければいいじゃんみたいな連中は危険だし、真似したらろくなことにならないと思うよ。 昨日も塾のバイトで指導のことについてあれやこれやと言われた。全体とし…

社会のグロさ、朝の絶望感

朝体が動かなくなる前に。死んではいけないとは言えないが、体が動かないんだ。 働くのが嫌だ。というより毎日朝起きるのが嫌だ。

宇宙人は地球に来ている

なんてことを言うと頭がおかしいんじゃないかと言われるだろう。だが残念なお知らせをしておくとこれは真実なのだ。実際に宇宙人はこの地球に来ている。そんなことを言ってる暇があったら働けよ!おまえ!という声が飛んできそうだが、世界とはそういうふう…

やっぱり「likeはしんどい感情」で「hateは楽な感情」

初対面の人や、新しい人間関係がどうしても苦手で仕方ない。それはようは「人に好かれようとしている」からだ。もう面倒くさくて仕方ない。いっそ初対面から死ぬほど嫌われてしまえばなんと気楽か。 でもなんでだかこの世の中では表向きは良くしておこうとい…

それでも息をしている

最近はなんか生きてる実感もない。要は働けないだけ。働くのが嫌というよりは、面接が面倒臭い。あんな無表情で矢継ぎ早に質問されて熱意を売れるなんてどうかしてる。新卒の時は熱意を売れたけど、それもとてもしんどかった。契約内容は嘘だらけだし、もう…

上京って言葉が嫌だった

大学時代から東京に住んでみたかった。いや、高校時代からだろう。とりあえず法政大学あたりに行こうとしていた。でも近大に年越し前に受かったから、もう面倒くさくなった。とっとと受験を終わらしたかった。教員への復讐の思いもあった。 そもそも上京って…

自転車があればどこでもいける

知らない土地へ来た時は不安になる。 そんなときに自転車を買うと一気に安心する。単純に悪い人から逃げやすいというのもあると思う。嫌ならこの街から離れればいいんだし。 歩いて街を探索していた時と比べて段違いのスピードで世界が広がる。遠く広く早く…

かつて「笑い」で世界をぶっ壊したいと志した若かりし頃の自分

面接官:あなたは弊社に入って何をしたいですか? 自分 :世界をぶっ壊したいと思いました。 若者は未来に生き、老人は過去に生きる。 らしい。もう自分もおっさんなんだから、定職に就きたいわ!ってつくづく思ってる。 時代の変化をいまさらながら感じる。y…

未来は存在しないのかもしれない

大昔、と言ってもせいぜい2年前ぐらいの時だと思う。ぼっちの時期ですることもなかった自分はよく図書館に通っていた。今でこそ「無職の聖地”図書館”」だけど、当時は大学生という自由な身分を存分に堪能していた。周囲の老人や子供を尻目に目的の本を探す…

まとまりたいと思う

自分がおっさんになってきたのかどうかはわからないけど、まとまりたいと思うようになってきた。最近、サウナとか田舎とかマッサージ機にゾッコンだからかもしれない。もうなんか野望を持ったり、ガツガツしたりするのが面倒くさいのだ。言うなれば 「刺激は…

就職の大事さを思い知らされる

お金がないと病気の時や事故の時に何もすることができない。

あらら無職を馬鹿にされる…

僕の中で無職なんて悪いことでもなんでもないと思っていた。しかし、とほほな現実が待っている。落語とかで与太郎とか言うけれど、そういう価値観で生きてるからか無職なんて別にいいだろって思ってしまう。 しかし現実は無常である。人間の上辺の生優しさだ…

近大魂

もう無職になって何ヶ月も経つ。最初の最初はもうどうしていいかわからなかった。今でも油断すると絶望、自殺のネガティヴ君がやってくる。もう人生嫌になった。今でもそうかもしれない。 それでも少し前向きになれたのは大学の友人達の存在だろう。今は生き…

地元の友達と大学の友人の違いについて

僕は地元が大嫌いでしょうがなかった。地元の友人(というかもう今ではただの知り合いだろう)なんてのは僕のことを縛り付けて足を引っ張ろうとする足かせでしかない。もう2度と会いたくないと思っているぐらいだ。そもそも何度か会ったけど大学がつまらな…

実録新卒で岸和田に飛ばされた男の末路

「働けるならどこでもいいです。」 新卒の就活ではそんな馬鹿馬鹿しいことを言わないといけない雰囲気があった。それは大間違いだったと最初から知っていた。田舎が嫌いで東大阪に出てきたんだから田舎に飛ばされるのだけは避けたかった。だから地域密着で原…