中二病の記憶

yondemiso.

ライブ、旅行、ディズニーに行く馬鹿

用事があって高速バスに乗ることになった。するといるわいるわ、アホみたいな人の大群がいるわいるわ。土日にアホみたいに遊んでるであろう、汗が汚いのなんのって。その首にかけてアホみたいなダサいタオルはなんなんですか?

 

本当におまえらみたいな土日に憂さ晴らしをするように狂ったように遊んでる連中を見ると怒りでイライラしてしょうがない。こっちは明日大切な用事があってバスを使うんだよ。おまえは田舎もんが田舎に帰省したら、遊び終わって帰るのもは事情が違うんだよ。ほんとにおまえらは馬鹿だな。せっかく働いて稼いだ金を国とか企業とかディズニーとかライブに奪われんだもんな。そのくせ夢を見せてもらって明日への活力になりましたとかほざきやがる。ほんとにどうしようもねえ。

どうして他の企業やライブに金を投資してしまうのか?それだっとらエステに行くとかマッサージに行くとか、本を買うとか、マンションを買うとかした方がいい。どうして他人に期待してしまうのか?自分に投資しろよ。そうしたら目障りなきみらをバスの待合所で見かけなくて済んでイライラしなくなるからさ。

 

 

 

優しい世界〜カブトムシ?がひっくり返って困っていたからひっくり返してあげた〜

人生に病んで疲れ果てて、外をフラフラと散歩していた。とある公園の近くの電柱の電気に照らされてなにかが動いているのがわかった。これは一体なんだ?と思い近づいてみた。するとカブトムシ?なのか。ひっくりがえってしまって大変そうではないか。助けてあげなくてはと思い、近くにあった木の棒でヒックリ返してあげた。木の棒でひっくり返される間、カブトムシはどんな気持ちだったんだろうか?不安にさせてごめんよ。写真閲覧注意。

f:id:norane:20180704025209j:plain

皿を出すということ

食戟のソーマを見ました。個人的には神回だったと思います。才場丈一郎(漢字あってます?)の高みを求めらる苦悩と疲弊が感動的でした。なにかがスパークしました。一般人のぼんぼんを覚悟がないてめーがガタガタ言うなみたいなことでいっきょうしていたのもすんばらしかった。

世の中がピンチになると正論がまかり通る。でも彼らの正論がどうして空虚に聞こえてしまうのだろうか?彼らの正論を僕は薄っぺらいと思う。舞台に立つあの吐きそうになる緊張感を知らない彼らに。

f:id:norane:20180605011657j:plain

家族が嫌い、同期同級生が嫌い、僕の心の闇

高校の同級生とは大学になってからは会わなくなった。徐々に彼らとは考えていることがズレてきた。同じ学校に通っていた時は同じ気持ちを共有できたのかもしれない。でもだんだんと距離ができてきて、心ないことを言われたりして話すことが苦痛になってきた。

そして今、社会人になってみて大学の彼らとも考えていることにギャップが生じてきた。彼らと一緒にいることに魅力を感じないのだ。結局今近くにいる人といるのが一番楽しい。どんどん人生が進んでいって考えていることも姿も変わっていくのだろう。

こういった友人とか家族とかはやっぱり呪いみたいなもんだなと思う一方で、そういうつながりを大事にできる人はすごいなと思う。

f:id:norane:20180603005805j:image

路頭に迷いたい

内定が出た。正直ぜんぜん嬉しくない。最近はようやく欲しかったつながりができかけていて、これからどうなっていくのだろうかと不安と期待がないまぜになった複雑な気持ちだった。けど毎日毎日充実していて楽しかった。ただ物理的にkaneがないからどうしてもバイトを増やすなり、仕事をするなりしないといけない。どのみち修飾っていうのは必須になってしまう。ただ耐えられる気がしない。そもそもそれができたら苦労なんてしていない。早く辞めて楽になりたいって思うだろうなあ。

そのせいで今日はずっとメンタルがガタガタだ。内定が出たと言ったら、いろんな人がよかったねと言ってくれた。心からの言い分ではなくて社交辞令という感じだ。心からの言葉というのは案外わかるものだ。

f:id:norane:20180528231538j:plain

床屋で顔剃りをした後に剃った毛を見せて欲しい

タイトル通りだろう。これ以上の説明を求めるというならば、あなたはきっと理解力不足だろうから勉強したほうがいいかもしれない。

 

そんなことよりも富士山にいった。そして3時間後に帰った。なんてことはない、普通の山だった。

 

f:id:norane:20180523020952j:plain